現在のページは 広島支部トップページ の中の トピックス の中の 組合員の方向け の中の 被扶養者証等の検認(資格確認)を実施します のページです。

本文ここから
トピックス

被扶養者証等の検認(資格確認)を実施します

更新日: 2017年7月13日

 被扶養者となっている方の収入額などの確認を実施します。公立学校共済組合では、医療給付などを適正に行うため、毎年、実施しています。御理解と御協力をお願いします。

実施時期

 平成29年7月上旬から

対象者

 平成29年4月1日現在、18歳以上の被扶養者
 ただし、次の(1)から(2)に該当する方は検認の対象外となり、(3)に該当する方は扶養手当事務担当者が現況申告書に確認印を押印することにより提出書類を省略することができます。
 (1)認定年月日が平成29年4月1日以降の被扶養者(ただし、今年度、他の共済組合又は他の支部から異動し、継続して組合員の被扶養者となっている方は検認対象とします。)
 (2)平成29年8月31日までに資格を喪失する組合員の被扶養者
 (3)公立学校共済組合の被扶養者要件を具備し、かつ扶養手当支給対象である被扶養者

実施方法

 必要書類を各所属所事務担当者の指示する日までに提出してください。
 (なお、任意継続組合員の方については、自宅あてに送付します。)
 
 被扶養者証等の検認に係る様式、参考資料等を掲載しますので、御利用ください。

平成29年度被扶養者証等検認提出書類様式

注意!

 例年、この検認によって、過去に遡って被扶養者の認定を取消すケースが多く見受けられます。この場合、取消日以降に当共済組合が負担した医療費等は全額返金していただきます。
 被扶養者の収入状況等は常に把握いただくとともに、認定要件を欠いた場合は、速やかに所属所の事務担当者に申し出て、認定取消しの手続きを行ってください。


 短期給付係:電話(082)513-4957

本文ここまで


以下 フッターです。
All rights reserved, Copyright c Japan mutual aid association of public school teachers.