このページの先頭です
公立学校共済組合 北陸中央病院
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから


サイトメニューここまで
現在のページは トップページ の中の 採用情報 の中の 福利厚生 のページです。

本文ここから

福利厚生

更新日: 2009年5月18日

公立学校共済組合

 公立学校共済組合は、地方公務員等共済組合法に基づいて設立された文部科学省認可法人として各市町村の公立学校教職員や都道府県教育委員会に所属する職員などにより組織されている団体で組合員数は、他の共済組合を凌ぐ全国最大の団体となっております。
 当共済組合の事業には、組合員や被扶養者の病気、負傷、慶弔などに対する給付を行なう短期給付事業(民間の健康保険に相当)、組合員の退職等に関し退職共済年金等の給付を行なう長期給付事業(民間の厚生年金に相当)、組合員の健康管理、組合員の臨時の支出に対する貸付、病院の経営及び宿泊施設の経営を行なう福祉事業を行っています。
 組合本部は東京都千代田区神田駿河台に設置し、各支部は都道府県庁内教育委員会に設置しています。
 組合は、本部、支部の他に組合員等の福利厚生事業を目的に、本部所轄のもと、東北、関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州の各ブロックに8病院を設置しています。

公立学校共済組合

宿泊施設

 公立学校共済組合では、各支部所轄のもとに全国の主要な都市や観光地に約44ヶ所の宿泊施設が運営されており、当院職員は毎年発行される補助券等の利用により安価に利用することが出来ます。

公立共済やすらぎの宿

財団法人 富山県教職員厚生会

 厚生会は、富山県内の公立学校教職員と退職者及びその家族を対象とし、会員の福利増進と、相互の親睦を図り、豊かで潤いのある生活づくりに資することを目的として、昭和44年3月5日に設立された公益法人です。
 設立の目的を達成するため、県内において、各種事業を行っています。
※昭和34年2月24日に、富山県教職員互助会として創立。

財団法人 富山県教職員厚生会

北陸中央病院互助会

 北陸中央病院職員による互助会を設立し、会員の互助、親睦、厚生に関することを実施しています。
・新採用者歓迎会、旅行会、忘年会など

院内保育室の設置

 北陸中央病院に勤務する職員の育児のための負担を軽減し、医療職員(医師、看護師)の雇用を確保するために平成21年4月に院内保育室「北中にこにこ園」を開園いたしました。

本文ここまで

このページの先頭へ

以下フッターです
Copyright (c) Hokuriku Central Hospital All Rights Reserved.