現在のページは 石川支部トップページ の中の 厚生サービスを利用する の中の 健康管理について の中の 指定年齢(40歳・45歳・50歳)人間ドック のページです。

本文ここから
厚生サービスを利用する

指定年齢(40歳・45歳・50歳)ドック事業実施要領

更新日: 2017年4月18日

趣旨

 本事業は、40歳、45歳及び50歳の節目にある組合員全員の健康状態を正確に把握するとともに、生活習慣病等を早期発見することにより、健康の保持増進を図ることを目的とする。

受診対象者

 平成29年4月1日現在、満40歳、満45歳及び満50歳の石川支部の組合員
 40歳(昭0和51年4月2日から昭和52年4月1日生まれ)
 45歳(昭和46年4月2日から昭和47年4月1日生まれ)
 50歳(昭和41年4月2日から昭和42年4月1日生まれ)


人間ドックのコース

 1泊2日ドック、1日ドック

健診機関及び健診費用等(自己負担額)

 健診機関により異なる。

検査項目

 健診機関により異なる。

健診期間

 平成29年6月から平成30年3月
   

申込方法

 平成29年4月中に、所属所長経由本人宛に送付される申込書(別紙様式2)に希望する健診日を日程表一覧(別紙3)から選び、下記の同意事項を確認のうえ提出期限日までに所属所長経由にて、提出すること。

【同意事項】
 (1) 個人情報に関する事項
  1、受診案内を効率的に実施するため、「人間ドック申込書」に記載された個人情報及び共済組合が保有する個人情報を受診予定の健診機関へ提供すること。
  2、人間ドック等の検査結果を受診者の職場における定期健康診断等の健診結果として事業主(地方公共団体等)から求められた場合は、提供することがある。
  3、人間ドック等の検査結果を特定健康診査の健診結果として人間ドック実施機関から直接共済組合が取得し、特定保健指導の実施に利用すること。
 (2) 申込・決定・受診に関する事項
  1、受診決定後に、組合員の資格喪失(退職、転出等)をした場合は、共済組合の助成の対象になりません。(全額自己負担となる。)
  2、人間ドックは、定期健康診断及び特定健康診査等の検査項目を包含しているため、検査項目等を欠落することの無いように努めること。やむを得ず検査項目等を欠落した場合であっても自己負担額の減額は行わない。
  3、一部の健診機関において、人間ドックに併せて生活習慣を見直すことを目的とした特定保健指導(初回面談)を実施することを基本としているので、対象となった方は利用すること。

申込期限

平成29年5月9日(火曜日)17時15分 必着

受診者等決定

 ドック利用者の決定については、後日、決定通知書を送付する。
 但し、一部の健診機関については、共済組合では健診月の決定のみ行い、日の決定は組合員が決定通知書を受領後、各自が決定健診機関に連絡のうえ調整すること。
  なお、希望者が特定コースに集中した場合には、抽選を行い決定する。


健診質問表等の送付

 健診質問表は、各健診機関から送付する。

服務上の取扱い

 所轄の県市町教育委員会事務局に確認願います。

関連リンク

健康管理を考えるとき

任意継続組合員が受けられる厚生サービス

福祉保険制度(医療費支援制度・ファミリー年金

アイリスプラン

女子学生会館(ベルフィーユ武蔵野)の案内

教職員健康相談24

面談によるメンタルヘルス相談事業

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderGet Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下 フッターです。
All rights reserved, Copyright c Japan mutual aid association of public school teachers.