本文ここから
厚生サービスを利用する

平成29年度教職員メンタルルーム相談事業実施要領

更新日: 2017年4月4日

1.目  的

 メンタル面で悩みや不安を抱えている教職員を対象に、気軽に相談ができる場として「教職員メンタルルーム」を設け、臨床心理士の面談による相談事業を実施することにより、精神疾患の未然防止、初期段階でのケアを行い、教職員の心の健康の保持に寄与する。

2.実施主体

 県教育委員会

3.相談日及び時間

 (1)相談日及び時間
  [水曜日] 
   金沢地区[金沢市内]毎月第1、3、5水曜日(13時から19時)
   加賀地区[小松市内]奇数月の第2水曜日(12時から18時)
           [加賀市内]偶数月の第2水曜日(11時から17時)
   能登地区[輪島市内]奇数月の第4水曜日(10時から16時)    
          [七尾市内]偶数月の第4水曜日(12時から18時)
  
※都合により4月5日(水)の代わりに4月14日(金)が相談日になります。
 
 [土曜日]
   金沢地区[金沢市内]毎月第2、4土曜日(10時から12時)



4.相談場所

 金沢地区、加賀地区、能登地区の会議室

5.対 象 者

 次の希望者(本人及び家族)※上司による相談も可
  (1)公立学校(小中学校、高等学校、特別支援学校)の教職員
  (2)県教委事務局(本庁、出先機関、教育機関等)の職員

6.相談内容

 心の悩み、不安等についての相談(自分自身、仕事内容、職場の人間関係、家庭等)


  

7.相 談 員

 臨床心理士が対応する。


8.相談方法


 完全予約制とし、事前に電話で相談日時・場所を予約する。(予約にあたっては匿名でも可)
  ※相談受付専用電話 076−266−1300(直通)

9.費  用

   無  料

10.服務の取扱い

 本人は年次有給休暇、上司は職務

11.プライバシーの保護

 (1)安心して相談ができるよう、臨床心理士が直接相談を受け、プライバシーは厳守される。
 (2)相談者の氏名及び具体的な相談内容については臨床心理士限りとし、所属や県教委には一切伝わりません。

本文ここまで


以下 フッターです。
All rights reserved, Copyright c Japan mutual aid association of public school teachers.