本文ここから
治療をうける

公費負担医療助成の治療を受けるとき

更新日: 2017年7月21日

 国又は地方公共団体では、法律及び条例により公害疾病や心身障害の疾病など様々な医療費の助成を行っています。

1 認定を受けている場合は、医療機関等の窓口負担額の全額又は一部が免除されますので、重複支給を避けるため給付の調整を行います。

2 主な公費医療助成には以下のようなものがありますが、助成内容は居住地の市区町村・所轄の保健所にお問い合わせください。

  • 乳幼児医療
  • 特定疾病(難病)
  • 小児慢性特定疾病
  • 心身障害者(児)医療
  • 大気汚染関連疾病
  • 母(父)子家庭医療

注記:被扶養者の認定替え、転居等で届出内容に変更があった場合も新たな手続きが必要です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから
  • 治療をうける
  • 共済制度を知る
  • 短期給付について調べる
  • 資金をかりる
  • 特定健康診査・特定保健指導について調べる
  • 厚生サービスを利用する
  • こんなときガイド
  • 手続きナビ
ローカルナビゲーションここまで

以下 フッターです。
All rights reserved, Copyright c Japan mutual aid association of public school teachers.