現在のページは 北海道支部トップページ の中の トピックス の中の その他 の中の 平成29年7月5日からの大雨により被災された皆さまへ のページです。

本文ここから
トピックス

平成29年7月5日からの大雨により被災された皆さまへ 

更新日: 2017年7月13日

 このたびの平成29年7月5日からの大雨により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
  公立学校共済組合では、被災した組合員及び被扶養者の方々が医療機関を受診するときの手続き、災害見舞金の請求等について、次のとおり取り扱いますので、お知らせします。

医療機関で提示する組合員証について

 被災により組合員証および組合員被扶養者証(以下「組合員証等」といいます。)を紛失または住居などに残したまま避難したために、現在お手元にない場合について、次のような対応を行っています。

組合員証等がない場合の保険医療機関などでの受診について

 被災により、組合員証等を提示できない場合も、氏名、生年月日、連絡先(電話番号等)、勤務先の名称などを申し出ることで医療機関を受診することができます(受診する医療機関にお問い合わせください)。

組合員証等の再発行について

 被災により組合員証等を紛失した場合は、所属所を通じて再交付申請を行ってください。
(任意継続組合員の方は、直接共済組合までご連絡ください。)


※再交付申請書の様式は、公立学校共済組合北海道支部ホームページ「共済事務の手びき 第1章 様式目次」からダウンロードしてご利用いただけます。

災害見舞金の給付について

 組合員や被扶養者の住居・家財が風水害、地震、火災などの非常災害によって損害を受けたときは、損害の程度に応じて災害見舞金が給付されます。
 該当する事案が発生した場合は、手続きについて案内しますので、まず当支部までご連絡ください。


※制度の詳細につきましては、公立学校共済組合北海道支部ホームページ「共済事務の手びき 第2章 短期給付」より、災害見舞金のページをご覧ください。


関連リンク

災害見舞金の手続き

関連サイト

公立学校共済組合北海道支部 共済事務の手びき

本文ここまで


以下 フッターです。
All rights reserved, Copyright c Japan mutual aid association of public school teachers.