本文ここから
奈良支部について

個人情報の取り扱い

更新日: 2014年12月10日

 平成17年4月から、個人情報保護法が全面施行され、公立学校共済組合も個人情報取扱事業者となり、この法律が適用されています。
 事業者である公立学校共済組合は、この法律により、個人情報の利用目的の特定・制限・公表、適切な取得、安全管理、第三者への提供の制限などが義務づけられます。
 公立学校共済組合奈良支部では、個人情報保護法の適用を契機に、個人情報の保護について、一層厳正に取扱い、組合員の皆さんにも、個人情報保護についての認識を深めていただきたいと考えています。

公立学校共済組合個人情報取り扱い

 公立学校共済組合個人情報保護方針

公立学校共済組合奈良支部で保有する個人情報の利用目的

組合員及びその被扶養者の個人情報は、以下の共済組合事業のために使用します。

  • 組合員の資格取得、喪失、組合員証等の交付の手続きのため
  • 被扶養者の認定、取消、組合員被扶養者証等の交付の手続きのため
  • 国民年金第3号被保険者届出事務のため
  • 短期給付事業実施のため(ジェネリック医薬品軽減通知を含む)
  • 医療機関等に関する診療報酬支払のため
  • 掛金徴収及び還付のため
  • 年金の請求等に対する長期給付事業のため
  • 健康管理事業実施のため(特定健康診査・特定保健指導、人間ドック等)
  • その他福利厚生事業実施のため(ライフプラン講習会等)
  • 貸付事業実施のため

関連リンク

個人情報保護方針

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderGet Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下 フッターです。
All rights reserved, Copyright c Japan mutual aid association of public school teachers.